島村楽器 ミーナ町田店 シマブロ

島村楽器 ミーナ町田店スタッフによるイベント情報やお知らせなどを発信するブログ(シマブロ)です。

別室 野原のギター部屋 Vol.3 "1964年製のES-335と2015年製のES-335 その2"

"別室 野原のギター部屋" 記事一覧

ミーナ町田店別室 野原のギター部屋Vol.3は前回に引き続き1964年製のES-335と2015年製のES-335(2015 Gibson 1963 ES-335 Memphis Factory)を比較していきます。少々時間が空いてしまいましたので、まだ前回の記事をご覧になっていない方はあわせて別室 野原のギター部屋 Vol.2をご覧下さい。

machida.shimablo.com

今回は各部の細かい仕様と特徴について見ていこうと思いますが、拘り過ぎるとビスの一つにまで話が及んでしまいますので何か所かピックアップして比較していきます。

※ 真写は上が1964 Gibson ES-335TDC, 下が2015 Gibson 1963 ES-335 Memphis Factoryとなります

"Gibson" Logo

f:id:shima_c_machida:20161125160552j:plain

f:id:shima_c_machida:20161125160618j:plain
1964年製、2015年製ともに当時の仕様に準じヘッドトップにはHeadstock Veneer(突き板)が貼られておりGibsonロゴとクラウンインレイが収められています。傷がつかないに越したことはありませんが、不意にヘッドの隅やエッジを何かにぶつけ塗装が剥離してしまった際にちゃんと木部が見えてくれるのが特徴です。レギュラーモデル(特定の年代の復刻ではないモデル)などは黒いプラスティック板をヘッドトップに貼りトップコートを吹いて仕上げているため、ぶつけても傷口は黒いままです。ロゴのアウトラインを見ますと1964年製は”G”の内側や”n”の右肩と跳ねがやや丸いなど多少の違いはございますが、トップコートの色味もあわせてよく再現されています。

Crown Inlay

f:id:shima_c_machida:20161125160517j:plain

f:id:shima_c_machida:20161125160607j:plain
Gibsonロゴと同様に自然な色味で仕上げられています。1964年製はクラウンの突起の間にあるスリット(黒い隙間)が細く、一番外側の(背の低い)突起がやや低い位置に留まっています。このため見た目の印象が若干異なりますが、全体の大きさはほぼ一致しています。

話は少し逸れますが、これまでのヘッドトップの画像を見ますと1964年製に対して2015年製のヘッドトップがややくすんで見えます。これはVOS(Vintage Original Spec)フィニッシュという本物のビンテージギターのような風合いを再現したフィニッシュを施しているためなのですが、ここで少し塗装についてお話をさせて頂きたいと思います。ビンテージギターは現在のラッカーとは成分の異なるラッカーを使用しているため、汗などの水分が付着すると塗膜が化学変化を起こし白く曇ります。最近のギターであれば汗自体が塗膜に付着し白く残っているため専用のクロスやポリッシュで拭き取ることができますが、ビンテージは前述の通り塗膜自体が化学変化を起こしてしまっているため基本的に拭き取る事はできません。こうした長年の演奏や保管状況により白く曇ってしまったビンテージギターの風合いを再現したフィニッシュがVOSフィニッシュというものになります。

※ ビンテージギターをお使いの方で白く曇ってしまった塗装のケアについてですが、お困りの方は一度ご相談下さい。

Machine Head

f:id:shima_c_machida:20161125160557j:plain

f:id:shima_c_machida:20161125160621j:plain
ペグは1960年頃より採用されている2コブペグが再現されています。縦に一列刻印された”Gibson Deluxe”の文字列は1964年の途中で2列に変更されますので、Memphis Factory製の仕様も1963年頃に準じたものとなります。90年代のペグボタンは1コブのもので透明度も低いものでしたので最近のものは非常に雰囲気が良いです。ペグシャフトの長さの違いが興味深いところです。

Fingerboard & Iinlay

f:id:shima_c_machida:20161125160526j:plain

f:id:shima_c_machida:20161125160615j:plain
1964年製はブラジリアン・ローズウッド(ハカランダ)指板が採用されています。その木目や手触りからもファンが多い木材ですが、ローズウッド系の中では芯の強い明るい音がするように思います。1964年製、2015年製ともに指板のバインディングの厚みが薄く滑らかに仕上げられています。これらに対してレギュラーモデルはもう少し厚みがあり色味も赤みの強いものとなります。これはES-335のみならずレスポールなども同様で、ヒストリックコレクションとスタンダードでもそれぞれに見受けらる特徴となります。ポジションマークは1962年の中盤から採用された(スモール)ブロック・インレイで、1964年製の方は指板とインレイの間に隙間がありますが、これはインレイ(セルロイド)自体がシュリンク(縮む)したためと考えられます。

ここでネックについても触れたいと思います。1964年製、2015年製ともにフロントピックアップキャビティまでネック材が差し込まれたディープジョイントが採用されており、接着にはハイドグルー(にかわ)が使われています。2015年製に埋め込まれたトラスロッドはヒストリック・トラスロッドと呼ばれるもので、ビンテージ同様のサイズ、形状を再現したものとなります。それまでは細いトラスロッドにビニール・チューブを被せて埋めていました。ギターのトーンにおいて重要なネックの中心部のモディファイですので、鳴りがよりビンテージに近くなった事は想像に難くないと思います。ネックグリップも1964年製に近く握り易いものとなっています。2000年頃はネックセンター部がやや平面なネックグリップでしたが、ビンテージ同様に丸く滑らかな形状をしています。1963年製のES-335をMemphis Factoryに持ち込み細部に渡りスキャニングした成果の一つだと考えます。

Horn

f:id:shima_c_machida:20161125160656j:plain
両者とも1958年の発売以来続いてきた丸みの帯びたホーン形状(通称ミッキーマウス・イヤー)から変更されたやや尖ったホーン形状となっています。この形状は1964年以降のイメージが強いですが1963年の後半には登場していたのかも知れません。

Pickup

f:id:shima_c_machida:20161125160604j:plain

f:id:shima_c_machida:20161125160627j:plain
1964年製はフロントにP.A.F.(Patent Applied For)リアにPatent Number pickup(#P.A.F.)が搭載されています。この二つのピックアップはベースプレート背面の水貼りデカールが異なるだけで、ショートマグネット仕様のP.A.F.と同じものになります。P.A.F.はそれ一つで楽器と表現をされる方がいらっしゃるほど奥の深いものですので詳しくは別の機会に綴ろうと思いますが、そのサウンドを一言で表現するのであれば「素直」です。物凄く素直でギターに忠実なピックアップですのでピッキングによる強弱やニュアンス、そのギターのキャラクターがそのままアンプから出てくるような感じがします。一方の2015年製にはそんな当時のピックアップを再現したニュー・メンフィス・ヒストリック・ピックアップ(MHSハムバッカー)が搭載されています。P.A.F.と同じAWG42エナメル・コイル・ワイヤーを使いそれぞれのボビンへの巻き数を揃えないアンマッチド・ターン構造を採用し、当時と同じ様にポッティング(蝋に浸す作業)をせずに仕上げています。巻き方も独自の手法を用いており、以前のものより反応と音抜けの良いものとなりました。ピッキングの強弱が良く出るようになった分表現がし易くなった印象です。マグネットはフロント側がアルニコ3、リア側がアルニコ2となっています。
ピックアップカバーは1964年製、2015年製ともにニッケルめっきが施されており、他の金属パーツとも共通のものとなります。1964年製のカバーの方がややエッジが立っていますが、ニッケルめっきならではのくすみなど雰囲気良く再現されています。

ピックアップに触れたところで表からは見えないボリュームポット(可変抵抗器)のお話もさせて頂きます。2015年製のES-335には550kΩのカスタムCTS(Aカーブ)が搭載されています。ハムバッカーには500kΩが用いられることがほとんどですが、許容誤差で生じる500kΩ未満のポットを避けるために敢えて550kΩのポットを採用しています。さらに全ての個体の抵抗値を計り、抵抗値の個体差ごとにフロント・ピップアップ用、リア・ピックアップ用と使い分けています。こうしてそれぞれのピックアップに合ったものを使うことで、サウンドがこもり過ぎたりハイがきつくなり過ぎることを防いでいます。ビンテージのES-335も個体の数だけそれぞれにキャラクターがあり選ぶ楽しさもあるわけですが、Memphis Factoryが理想とする1963年のES-335を再現するという点においては非常に理に適った考え方だと思います。

Pickguard

f:id:shima_c_machida:20161125160601j:plain

f:id:shima_c_machida:20161125160624j:plain
表より黒/白/黒/白/黒の5プライ構造のピックガードで、2015年製はそれぞれの厚みのバラツキまで丁寧に再現しています。発売当初はES-335用のピックガードが無く、ES-175のピックガードを流用していたためブリッジ傍までピックガードがありましたが(通称ロング・ピックガード)、1960年の途中からはES-335用に作られた写真のピックガード(通称ショート・ピックガード)になります。写真では見えませんが1964年製のピックガードはリアピックアップのマウントリング(エスカッション)ネック側との間に5mm程の隙間があります。これは1958年の発売から存在する隙間で、ビンテージのES-335の特徴の一つでもあります。

Bridge & Tailpiece

f:id:shima_c_machida:20161125160545j:plain

f:id:shima_c_machida:20161125160610j:plain
1963年当時のブリッジ・サドルはブラスとナイロンが混在しており、Memphis Factory製のこのモデルにはナイロンが採用されています。年代に準じてABR-1と呼ばれるブリッジ自体にはが切れた際にサドルの脱落を防ぐワイヤー(リテーナー)がありません。一方の1964年製にはワイヤーがあり、1963年と1964年での仕様の変化を窺い知ることができます。
テールピースは当時と同じアルミ製で、テールピースを支えるボルトの長さもビンテージと同じ長さのものを採用しています。

"CUSTOM MADE"Plaque

f:id:shima_c_machida:20161125160633j:plain
この1964年製は工場出荷時よりBigsbyが搭載されています。当時Bigsbyはオプションとして用意されていました。このブリッジの後方に見える”CUSTOM MADE”と彫り込まれたプレートは塗装工程前に取り付けられているテールピースのアンカー(ボルトの受け)を隠すためのものとなります。表から黒/白/黒の積層構造のプラスティック製で、両脇の小さなブラス製の釘で固定されています。彫り込まれた字体とマークのデザインが秀逸で、非常に手の込んだものになっています。

Body Depth

f:id:shima_c_machida:20161125160638j:plain
レギュラーモデル(特定の年代の復刻ではないモデル)はビンテージのものと比べボディの厚みが1.5mm程厚く作られていますが、この2015年製は1963年のES-335を再現したモデルなのでビンテージ同様の厚みで作られています。以前はヒストリックコレクション(Nashville Factory)でさえも厚かったので、これだけを見ても近年のMemphis Factoryの並ならぬ拘りを知ることができます。僅か1.5mm程の違いですが明らかに抱えた感じも変わり、視界に入るギターのシルエットも1964年製と変わらないように見えます。

Review

1964年製のES-335と2015年製の1963 ES-335 Memphis Factoryについて比較して参りましたが、いかがでしたでしょうか。前回お話しさせて頂いた通り「どんなに良い現行品をモディファイしてもビンテージとは異なる」という意見に対してはその通りだと思いますが、それを踏まえた上で比較しても最近のMemphis FactoryのES-335は大変良く再現が出来ていると思います。「1964年製を弾いた後にストックの状態の2015年製を弾いても同じ様に演奏ができる(=ストレスが無い)」この一言に尽きます。
この記事をご覧になった皆様も「いいね!」と思えるご自身だけの一本を見つけられてはいかがでしょうか。そんな一本を既に見つけられている方は、ぜひ色々なお話をお聞かせ下さい。

それでは今回はこの辺で。

ギター部屋の管理人

f:id:shima_c_machida:20161125101005j:plain
学生の頃よりバンド活動、レコーディングなど様々な場所での演奏とビンテージギターショップ巡りに明け暮れる。後にギタークラフトを学び島村楽器に入社。入社後は米国Fender社への買い付けなどを担当。甘いもの好き。

f:id:shima_c_machida:20161231104949j:plain
過去の記事もまとめ読み!"別室 野原のギター部屋" 記事一覧はこちらから

店舗名 島村楽器 ミーナ町田店
電話番号 042-710-6088
担当 野原

録れコン2017作品募集中!!

f:id:shimamura-music:20161202103002p:plain

録れコンとは?

録れコンとは、楽曲・録音・アレンジ・オリジナリティーなどのクオリティを競う、全国の音楽ユーザー・パーソナルクリエイター・プレイヤーを対象とした録音作品のコンテストです。

例えばこんな方大歓迎!

  • 「オリジナル曲をはじめてギターでつくってみたから、聴いてもらいたい!」
    • 弾き語り作品の応募も大歓迎です!
  • 「バンドの楽曲を音源にしたい!録音にチャレンジして、プロの意見を聞いてみたい!」
    • バンドの作品ももちろんOKです!
  • 「渾身のギターインスト作品を創れたので評価をしてもらいたい!」
    • ギターメインの楽曲はぜひ「ギタープレイヤー部門」へご応募ください!

アナタの渾身の作品をプロミュージシャンが聴いて、プロの視点からアドバイスをもらえるチャンスです。
楽曲のジャンルも問いません!みなさんのご参加お待ちしております!

部門

一般部門

 1曲6分以内のオリジナル作品

ギタープレイヤー部門

 ギタープレイがメインで録音されている1曲6分以内のオリジナル作品
  ※打ち込みによるギタープレイの作品は不可

応募特典

応募全作品

  • プロによるアドバイスコメントが贈られます。
    • コメントは5月以降に順次返却となります。

選考会ノミネート作品

録れコン2017サイトにて作品をご紹介いたします。

グランプリ

  • レコーディングスタジオでプロのエンジニアと、受賞作品のリプロダクション(ミックス・録音)を体験いただけます。
  • 島村楽器全店でBGMとして作品をご紹介いたします。
昨年のリプロダクションレポートはこちら

各賞 受賞特典

  • ベストギタープレイヤー賞
  • アレンジ賞
  • サウンドクリエイト賞
  • 楽曲賞

各賞受賞者には下記特典が授与されます。

  • 島村楽器全店でBGMとして作品をご紹介いたします。
  • 賞品

審査員・アドバイザー

  • 鎌田岳彦(レコーディングエンジニア)
  • 中澤智(レコーディングエンジニア,Sound City)
  • 内藤朗(サウンドクリエイター)
  • 永田"zelly"健志(サウンドプロデューサー)
  • ダルビッシュP(ボカロプロデューサー・ギタリスト)
  • 鈴木一義(ギタリスト・アレンジャー)
  • 宮脇俊郎(ギタリスト)
  • 野村大輔(ギタリスト)
  • 橋竜(ベーシスト・作編曲家)
  • 清水玲(ベーシスト・アレンジャー)

応募について

受付締切 2017年3月5日(日)まで
結果発表 4月29日(土・祝)
応募資格 年齢、国籍、個人、グループ、ジャンル等、一切問いません。

ただし、特定のレコード会社、出版社、プロダクションに所属していない方で、DAW・その他録音機器などを使用した録音作品に限ります。

エントリーについて

エントリーに必要なもの

  1. 1曲のみ(6分以内)収録のwavファイル
  2. エントリーに必要なお客様情報など(歌詞・機材データなど)
  3. エントリー料金(1曲につき)※オンライン支払も可能

以上をご用意のうえ、録れコン2017サイトよりお申込み下さい。

エントリー料金

区分 エントリー料金
会員 1,836円(税込)※ 一般 2,160円(税込)

島村楽器メンバーシップカード所有者は会員料金が適応されます。

エントリーの流れ

エントリーの流れについて詳しくは、録れコン2017サイトをご覧ください。

店舗に音源を持ち込んでの応募も可能です

島村楽器店頭でのエントリー受付もいたします。
下記サイトをご覧いただき「店頭エントリーに必要なもの」をご用意のうえご来店ください。

録れコン2017サイト

過去のグランプリ受賞作品やリプロダクションレポートなど、録れコンについてさらに詳しく知りたい方は、録れコン2017サイトをご覧ください。

お問い合わせ

皆様多数のご応募お待ちしております。

店舗 島村楽器ミーナ町田店
電話番号 042-710-6088
担当 東(あずま)

第3回スラップバトル in 島村楽器ミーナ町田店 イベントレポート

第3回スラップバトル!!

こんにちは!
町田店の遠藤です。
今回は第3回スラップバトル@町田の様子をお伝えしたいと思います!!

スラップバトルとは...

・1対1でスラップを披露していただき、オーディエンスの拍手で勝敗を決定します。
・時間は2分。コードは統一せず、4小節を1人ずつ交互に演奏していただきます。


今回は5人のベーシスト達に参加して頂き、総当たり戦でバトルを行ないました!
全員初参加という事でいつもと違う雰囲気で行っていきました!!
第一試合

第3回スラップバトル in 島村楽器ミーナ町田店 第1試合 後藤さん vs 植田さん
第二試合

第3回スラップバトル in 島村楽器ミーナ町田店 第2試合 大澤さん vs 谷崎さん

第三試合

第3回スラップバトル in 島村楽器ミーナ町田店 第3試合 菅谷さんVS後藤さん

第四試合

第3回スラップバトル in 島村楽器ミーナ町田店 第4試合 植田さんVS谷崎さん

第五試合

第3回スラップバトル in 島村楽器ミーナ町田店 第5試合 大澤さんVS菅谷さん
おっとここでカメラが斜めに...泣
第六試合

第3回スラップバトル in 島村楽器ミーナ町田店 第6試合 谷崎さんVS後藤さん

第七試合

第3回スラップバトル in 島村楽器ミーナ町田店 第7試合 植田さんVS大澤さん

第八試合

第3回スラップバトル in 島村楽器ミーナ町田店 第8試合 菅谷さんVS谷崎さん

第九試合

第3回スラップバトル in 島村楽器ミーナ町田店 第9試合 後藤さんVS大澤さん

第十試合

第3回スラップバトル in 島村楽器ミーナ町田店 第10試合 植田さんVS菅谷さん


f:id:shima_c_machida:20161126205801j:plain

今回は後藤さんが優勝致しました!!
いかがだったでしょうか!
次回も開催を予定しているので皆さんの出場をお待ちしております!!

別室 野原のギター部屋 Vol.2 "1964年製のES-335と2015年製のES-335 その1"

"別室 野原のギター部屋" 記事一覧

ミーナ町田店別室 野原のギター部屋Vol.2は、Gibson Memphis Factory製のES-335と自宅から引っ張り出してきた1964年製のES-335を様々な角度から比較してみたいと思います。
f:id:shima_c_machida:20161124215358j:plain
最近のGibson Memphisは当時のモデルを再現するにあたり積極的に各部の見直しと改良を繰り返し行っており、各方面より高い評価を得ています。私もビンテージテイストのES-335をお探しの方には必ずオススメしているのですが、いったいどれ程のものなのでしょうか。

まずは比較する双方の主な仕様から。
f:id:shima_c_machida:20161118154449j:plain

1964 ES-335TDC Kalamazoo Factory(写真奥)

ピックアップ: P.A.F. and Patent Number pickup
キャパシタ: Sprague Black Beauty 0.022μF 400V

Eric Claptonが長年に渡り使用していたことで有名な1964年製のES-335。ビンテージギターと呼ばれている中古品です。こちらは当時オプションだったBigsbyを搭載した状態で出荷された個体となります。それに伴い生産過程で取り付けられたテールピースのスタッドアンカーは"CUSTOM MADE"と彫られたプレートで覆われています。

ヘッド角17°、レギュラーピッチのナット幅、ニッケルコーティングの金属パーツ、ナイロンサドルなど典型的な1964年初期(~中期)の仕様です。センターブロックはリアピックアップの幅で穴が開けられています。と、ここまでは良く見る1964年製なのですが、何故かこの個体はフロントピックアップにP.A.F. (1956年後期〜1963年頃)が搭載されています(1964年は前後共にPatent Number pickupが搭載されているのが一般的です)。初期のPatent Number pickupとP.A.F.(後期)はベースプレート背面に貼られた水貼りのデカールが異なるだけでピックアップ自体は同じと言われていますが、ちょっと得した気分になってしまうのがギターマニア。

2015 Gibson 1963 ES-335 Memphis Factory(写真手前)

ピックアップ: MHS humbuckers(ニュー・メンフィス・ヒストリック ピックアップ
キャパシタ: Sprague Black Beauty 0.022μF 200V(レプリカ)
Vlume/Toneポット: CTS 550kΩ +/−5%

モデル名の通り1963年頃のES-335を再現したモデル。1958年の発売以来続いてきた丸みの帯びたホーン形状(通称ミッキーマウス・イヤー)からやや尖ったホーン形状へと変更された直後のボディシェイプが再現されています。やや尖ったこのシェイプは1964年以降のイメージが強いですが、1963年の後半には登場していたのかも知れません。センターブロックはリアピックアップの配線用の穴がドリルで開けられている所謂ソリッドセンターブロックが採用されており1963〜1964年初期の特徴を忠実に再現しています。その他ヘッド角、ナット幅、金属パーツのめっき、ナイロンサドルなどは前出の1964年と同じ仕様となります。新たに開発されたPatent Number pickupのレプリカピックアップ(MHS humbucker)や厳選された抵抗値を持つボリューム/トーンポットを搭載するなど、Memphis Factoryの気合と拘りが感じられる一本です。

音の比較

f:id:shima_c_machida:20161118154524j:plain

エレキギターの生鳴りに関しては重要視されない方もいらっしゃいますが、その鳴りも振動に作用しピックアップを発電させ最終的にアンプからの音となって現れますので、まずはアンプに繋がない状態で弾き比べてみます。1964年製は低音域~高音域までが軽快に鳴ります。一音一音が煌びやかに鳴っているイメージでしょうか(Bigsbyが搭載されていますので多少高音域側が特徴的な鳴り方をします)。箱鳴りも豊かでギター全体で鳴っているのが分かります。
一方のMemphis製は音量こそさほど変わらないものの、1964年製に比べると少し艶っぽく聞こえます。音全体を聞いた時に耳が中音域(ハイミッド)を捉え易いと言いますか。これについては主に木材と塗膜の硬さが影響を及ぼしているのではないかと思います。(現在のラッカーは昔のラッカーとは性質が異なり柔らかいものが使われています)

次にアンプに通した音を比較してみます。使用したアンプFenderアンプで、いずれもEQをフラットにして比較しました。ここでも生音で感じられた両者の特徴がそのまま表れるのですが、更に1964年製のES-335は強くピッキングすると若干音が割れます。言葉で表現するのが難しいのですが、音の芯はクリーンで輪郭だけバリっと割れるような感じです。これは低いレベルでオーバードライブを起こしやすいという当時のピックアップ(P.A.F.)の特徴で、それだけダイナミックレンジが広くピッキングに追随しているということなのだと思います。一方のMemphis製は高音域側に少しコンプをかけたような音に聞こえますが、以前搭載されていた'57 Classicよりも音抜けの良いサウンドになったように思います。

こうして文章にすると両者の音色には結構な違いがあるように思われるかもしれませんが、飽く迄同じ条件で交互に弾き比べて「強いて言えば」という範囲です。
その範囲内の違いを指して一部のビンテージギターフリークが言うように「どんなに良い現行品をモディファイしてもビンテージとは違う音」であることは確かですが、1964年製を弾く感覚でこのMemphis製を弾いてもストレスはありません。
キャラクターの異なるES-335 を弾いているといった感覚だけで、両者とも充分に私がイメージするES-335の音がします。
最近は品質の高いP.A.F.のレプリカが幾つも発売されていますので、反応の良い鳴り方をしているMemphis製のES-335に搭載し更にビンテージ風のサウンドに仕上げるのも面白いと思います。


続いて各部の細かい仕様と特徴について綴りたいところですが、それはまた次回Vol.3で。

ギター部屋の管理人

f:id:shima_c_machida:20161125101005j:plain
学生の頃よりバンド活動、レコーディングなど様々な場所での演奏とビンテージギターショップ巡りに明け暮れる。後にギタークラフトを学び島村楽器に入社。入社後は米国Fender社への買い付けなどを担当。甘いもの好き。

f:id:shima_c_machida:20161231104949j:plain
過去の記事もまとめ読み!"別室 野原のギター部屋" 記事一覧はこちらから

店舗名 島村楽器 ミーナ町田店
電話番号 042-710-6088
担当 野原
もっとみる

© Shimamura Music All rights reserved.